親愛なる

  • 2015.06.07 Sunday
  • 22:18
ぼくは今、季節と季節のはざまにいます。
要するに、まァ、相変わらず不安てってーことです。

そんなぼくにも新しい友達ができました。
少しだけ光明が見えてきたかもしれません。


ただ、ひとっつだけ、年寄りのつまらない話を聞いてもらえますか?
以前の記事でも匂わせていたのですが、実は、友達を自死で失いました。
また遊ぼうね!と言って別れ、数か月の事です。
夜中に電話が鳴りました。
家族ぐるみの付き合いなので夜中に掛かってくることは珍しくもありません。
所謂幼馴染、というやつです。
「Hちゃんから電話?Hちゃんまま?」
と電話の向こうでぼくははしゃいていました。
また東京の方へ来るって言ってたから、その日程が決まったのか知らん、なんておもっていました。
電話機に向かって喋りかける母の声のトーンの低さから、いやな予感はしていました。
でも、まさか、そんな、だって。あらゆる限りの「しかし」を考えました。
そして電話が切れたとき、母は予想だにせず穏やかな顔つきでした。
もしかしたら、さっき考えた「しかし」の世界の話かもしれない。
ぼくは愚か者だから、そう思いました。そう思いたかった。
だから、泪をおさえ、「Hちゃん、いつ来るって?」
答えは一番予想し易く、一番心に堪えるものでした。


Hちゃん、しんじゃった。


そこから先はよく覚えていないです。
ただ、ひたすら泣いて、薬を飲んで、無理矢理眠りについたような気がします。

本当に僕にできることなどはなくて、それでもぼくはあの子を妹のように思っていたから、しぬということが理解できなかった。
もうHちゃんと話せない?
もうHちゃんとあそべない?
もうHちゃんにタバコやめなよー!
って、お姉さんぶることすらできない。
プリクラしようしよう!って云って、結局二人とも最新機種の取り扱いができなくてビミョーなのが焼きあがることもない。
何よりももう、
彼女の笑う声や、顔、握って歩いた掌のぬくもりは二度と手に入らないんだ。


そんな様々が頭の中を過るとき、ぼくはまた、泣いて泣いて泣いて、そんな繰り返しで、そろそろ一年がたちました。
それでもぼくはまだ、ときどき思い出してはないているのです。

子の記事は、完全に自分の心の整理です。
すみません。
でも、あの子は、本当に、生きていくのには苦しいくらいに、ほんとうに、

良い子だったんです。







親愛なる   様
君はまだ。2つのうちの1つ目の死を乗り越えたに過ぎない。
君の場合、ぼくが生きている限り、きっと2つ目の死は少なくとも僕が死ぬときにまで持ち越されることだろうとおもうよ。
だからそれまで、ぼくの二つ目の命を握りしめて失くさないようにして、待っていてください。




氷菓

すききらい

  • 2015.02.17 Tuesday
  • 21:47


ぼくのすきなひとは
ぼくのことをすきじゃない
このせかいはときどき
ひどく残酷で
それでもなぜか
とても美しい




にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 イラストブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



嫌いだ。

  • 2015.02.10 Tuesday
  • 19:50

嫌いだ。
きみなんか、
きらいだ。
さようならより、
お姉さまの薬指より、
夕焼けの前の山鳩の鳴き声より、
嫌いだ。
きみなんか、
きみなんか、
きみなんか。


にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ

にほんブログ村 イラストブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログへ

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ

ブログランキング・にほんブログ村へ




無題

  • 2015.02.06 Friday
  • 17:51
羽化した蝶
越冬できない
淋しく
淋しく
綺麗な

どこへも行けない
淋しい

寒い冬は
ひとつ
吐息を残す



死に至る病

  • 2014.12.08 Monday
  • 00:22

ゆっくりと蝕まれてゆく
ぼくの細胞が
明日を生きる為に
今日死んでゆく
冷気におかされた指先は
腐敗した様に冷たく
乾燥し
朽ちてゆくこころが
いま
また少し
壊れた音がした


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
ブログランキング・にほんブログ村へ




あたらしいものについていくことができないせつないこのきもち

  • 2014.11.30 Sunday
  • 23:09
ジュゲムブログさんにお世話になり続けてはやうん年、
エディターなるものも変わり、いろいろなことができるようになっています。
ただ、ぼく的にはですね、正直
旧エディターに慣れている所為かどうにもこうにも使いづらくてたまらん。
要するに
ぼくの頭なんぞ飾りです、
それが偉い人にはわからんのですよ。

はい。
更新速度が遅いのはそのせいだと思ってくださって構いま責任転嫁ですごめんなさい。

あと、カメラの充電器失くした。
失くしました。。。
しぬ、つらい、すむません。
なのになぜか閲覧数がそこそこ来てくださっていて、本当にありがたい限りです。
ありがとうございます。
何かの間違いでしょうけれど。
↑卑屈。







そんな感じで、のったりやらせていただいております。
氷菓ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。






氷菓

ゆめのはなし

  • 2014.11.30 Sunday
  • 22:50

__.JPG

君がどこかへ行こう
と云った
僕はどこへ行こう
と云った
君は何所へでも
と云って
僕の手を引いた
すべて夢のはなしだけれど
僕はいまきっと

もう

ここには居ないのだろうと思う





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

向こう側へ行った彼の話

  • 2014.11.23 Sunday
  • 20:04

ここに一葉の写真がある。
(書き出しでは、まるであのさみしがり屋の一生の話の様だが、これはまた全く違う話である。)
その写真にはにこやかに笑いながら猫を抱えた少女の姿が写されている。
彼女は自分の事を、女でも男でもありたくないと云っていた。
特に晩年に至っては自分の名前の最後の一文字を「男」に変え名乗っていたほどであった。
しかし彼女には恋した男性もおり、男でありたいという訳であったのではないと思われた。
ただ彼女の意志を尊重し、仮にこれをこの文章の中では「Hオ君」とし、またこの先一切を彼女から彼へ変えて表記させてもらおうと思う。
彼、Hオ君は幼い頃は引っ込み思案ながらも、慣れれば明るく、優しい気質のひとであった。
ただ、10代になった頃から少しずつ、精神的に苦痛を覚えるようになったと、ある日云っていた。
特に理由のない苦痛はHオ君をひどく苦しめた。
ぼくには、その苦痛の人匙すら代わってやることも出来ないが、彼女が隠す手首を思うだけで、察するに余りあった。
彼とぼくが最後にあったのは去年の夏の事であった。
彼の希望で都内のゲームセンターや喫茶店を巡った、Hオ君は普段は関西に住んでいたから、こうして会うのは本当にひさしぶりのことであり、ぼくも彼も非常に待ちわびた再会であった。
待ち合わせは駅のすぐそばのコーヒー店、彼はぼくの顔を見た瞬間笑顔で手を振り立ち上がった。
そしてぼくが注文したコーヒーを待つ間に、一つ、小さな錠剤を飲み下した。
「緊張した時に飲む薬」だと云った。
彼はその日一日でぼくが知りうる間に三粒はその「緊張した時に飲む薬」を飲んでいた。
それを見るだにいたいたしく、ぼくはここにいていいのか悩ましく思った。
ただ彼はその一日を本当に楽しかったと云い、二人で撮った写真に、ピンク色の洋墨で「ダイスキ」と記していたことがぼくにとっての支えである。
彼は列車の時刻が迫るにつれ、さみしそうな声を出すようになった。
ただ、そのさみしそうな声の中に、若干の安堵も含まれていたように、ぼくには思えた。
Hオくんと別れるさい、ぼくは彼の小さな体をぎゅうと抱き、次会う日について話をした。
長く、未練たらしく話をした。
今度会う時には「駒鳥のような装いで会おう」と云った。
彼は「うん」と答えた。
「きっと次の冬までには会おう」と云った。
彼は「きっと」と答えた。
「今度は隣町の寺社参りもしよう」と云った。
彼はまた「そうしよう」と答えた。
そして、ありがとうと云った彼は列車へ乗り込むと、笑って手を振った。
彼はそして、次に会う約束を反故にした。

その笑顔が、この一葉の写真に写されている。
ぼくはこの写真のHオくんが本当に駒鳥になってしまったことを、信じたくないような、信じていたいような気持でいる。
彼は笑顔であった。
何もかもがつらくとも笑顔であったのだ。
ぼくは何もかもがつらいHオくんが、空を飛べた事に、嘆き、そしてほんの少しだけの安心を覚えた。
酷い人間かもしれない。
それでも彼の苦しみは途絶える事なかった彼の苦痛は、消え去ったのだ。
ぼくはそれを心のどこかで安心してしまった。
ただそれを誰かに云う事はない。
最後の権利を行使した彼を責めることは、あまりにも酷な話だ。
だが、ぼくにはひとつだけ、彼に云いたい事がある。
きっと会おうと云った約束を、破ったのだ。
それだけはこづいてやりたいと思っている。
彼は今なにを思うのだろう。
ぼくは、生きているという事が今一つわからない人間である。
つまり、生を失った時、意識がどこへ行くのかが分からない。
ぼくは五つくらいの頃からかれこれ二十年ちかく、そんな事を考えている。
魂なんていう概念的なものの証明など、できはしない。
ただ、彼はきっと今、苦痛のない所にいるのだと信じたい。
彼は、笑顔の良い、まるで天使のようなこだったのだから。












氷菓
 

きみの睛

  • 2014.09.16 Tuesday
  • 19:36
「君、斜視だね」
彼がぼくの顔を初めて見て、最初に云った一言がこれであった。
ぼくが斜視なのは本当だ。
ただ、よほど注意して見ていない限り判らない程の、斜視である。
ぼく自身つい数年前、母に「母さん、ぼく寄り目が出来ない」と云って初めてそれが斜視だからであると知ったくらいだ。
「そうだよ。君、何故気づいたの。ぼくが斜視だ、てこと」
「君の眼の色を見ていたから気付いたんだ」
そんな事如何でも良いじゃない。と、彼は越して来たばかりの街を案内してほしいと云った。
ぼくは特に変わった色をしている訳でもない自分の目について考えながら、良いよ、と請け負った。
ぼくらは革の鞄に教科書や何かを詰め込むと教室を出た。
彼の鞄の蓋のベルトが片方歪んでいて、かぱかぱと浮き沈みするのがなんだかおもしろく感じた。






 

眠気待ち

  • 2014.09.11 Thursday
  • 01:26
こんばんは米菓です。
せんべいか。

という、くだらない出だしをこれで三度ほど繰り返しているきがします。
それくらいしか名前にしゃれっ気の無い氷菓です。
どうも、Long time no see ですみません。
ルーかよ。


パソコンは相変わらず半壊、
…否、四分の三壊といったところでこの文字が打ち終わるまで持つか怪しい感じです。

きょうは眠れないのでこんな時間に日記をつけています。
最近はまた新しいお仕事を始めました。
積極的にお声掛けする職なので、のどが壊滅的です。
高音が出ません。
あと、うつです。
相変わらずこの世の終わりみたいな気分です。
せめて宝くじでも当たらないだらうか。
買っていないので当たる確率は0%です。

そんな感じでいい具合に眠くなって参りましたので、自分勝手は承知の上、この辺でお暇。


みなさま、どうぞ、ご自愛くださいませ。




氷菓
 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

ランキングリンク

にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

天体

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM