アリステアと貴緒

  • 2009.12.10 Thursday
  • 19:22






アリステアは僕を屋上へ呼び出して
何を云うのかと思えば
さあ、旅に出ようよと云う。

「どういうことサ、」

「こんな錆付いたところとはオサラバしようぜ、ってこと。」

「錆付いた、・・・て別に僕はなんの不満もないぜ。」

僕は口では抵抗するような姿勢を見せるが、いつだって答えは決まっている。

「うそだね。」

そう。うそかもね。ぼくは嘘つきだもの。
でもどこに行くの。
僕らはここ以外どこも知らないのに。いま君が錆付いていると云ったこの狭い世界しか。

「どこかとおく。」

遠く。
とおく。
それもいいかもしれない。
でもすんなりアリスの言うことを聞くこともないだろう。
もし、もし君が、僕の名前をよんだなら。
そうしたら、

「さあ、行こう。貴緒―――。」

いいよ、行こう。
どこかとおく。
どこへでも、








にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーサイト

  • 2019.09.14 Saturday
  • 19:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    ランキングリンク

    にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

    天体

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM