なぜに

  • 2009.09.03 Thursday
  • 01:31
 

夜とか、夕方ってかなしいきもちになる

夏の夕方なんて特に。
長い一日が終わりに近づいて
さっきまでのカンカンでりの顔してた太陽が急に赤くなってきたり
そうするともう流されるままにそらまで真赤。
地域の放送でどこからともなく微妙に重なり合って不協和音になった「ななつのこ」が聞こえて
それが一日遊び疲れた帰り道だったりするともう、てきめんだ。
かなしいのか淋しいのか焦っているのかなんなのか
よく分からないが心臓がばくばくと云う。

だからと言って冬ならばいい、というわけでもない。

冬の日の早い夕方
薄暗くなりかけた帰路をいく。
足早になって少し息があがり、マフラーの口元だけが温くなった。
それと相反して風を切る耳たぶの痛いほど冷たいこと。
だからといって歩みを緩めるわけにはいかない、家につくまでは冬の夜に追われているのだ。
家につけばまずストーブを付ける。ストーブはスイッチを押して少ししてからブン、と鈍い音をたてながらようやく起動する。
このにおいがまたなんとも言われえぬ焦燥感を与える。
なんとか落ち着き何か温かいものを、などと思いやかんを火にかけ外をふと見やると
先ほど息せき切るようにして歩いていたときはまだ
「夜になる途中」だったのにもう既に外は「夜」になってしまっていることに気づく。
家族は留守で一人。
窓の外に見えるマンションや住宅の群れには煌々と家庭の燈がともっているらしい。

あー、もうだめだ。

だからといって秋や春ならいい。というわけでもない。



もういいか。
きりがない。

とにかく何かと不安感やら焦燥感やら、を抱く今日この頃。



といってももう5年以上患っている。笑(えねー)

スポンサーサイト

  • 2020.01.26 Sunday
  • 01:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    ランキングリンク

    にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

    天体

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM