やさしい世界

  • 2015.11.25 Wednesday
  • 23:54
生まれてきてしまった人間は死ぬまで生きるしかなくて、
でもいつかは死ななくてはならない。
それが、どんなに受け止めがたいスピードでやってきて、
どんなに大切にしているものを攫っていこうとしても、
それに抗うことは許されていない。
世界には悲しいことや苦しいことがあふれている。
だから時々、お風呂とか、誰もいない夜の庭とかで、
悲しいなァ、とか、苦しいなァ、って云ってみる。
でもあんまりそんな言葉を吐くと、
身の回りに悲しいなァと苦しいなァがてんこ盛りになって、
身動き取れなくなってしまうから、あんまり云い過ぎてしまわないように、
注意する。
でも、全く云わないようにすると、のどの辺りで、
悲しいなァや、苦しいなァが、詰まった感じがして、
呼吸がうまくできなくなるから、気をつけて生きなくてはいけない。
死んでしまうことから、人間は逃げられない。
神様にお願いしても、人間は死んでしまう。
そんな神様に、何の意味があるのかな。って、
時々思う。
でも、そんな神様のために人を殺す人がいて、その悲しみを怒りに変換してまた人を殺す人がいて。
世界はめちゃくちゃになって、病気も人殺しも、神様が決めたことなのかな。
こんなに悲しい世界でも、神様が創ったものだから、正しいのかな。
こんなに苦しい世界でも、神様が決めたルールなら、許されるのかな。
それでも神様を信じるのかなァ、って、思う。
綺麗な世界を綺麗な感情で無表情に汚していく人間は、
神様に愛されるのかなァ。
ぼくは、神様に愛されなくてもいいから、
正しいことをしたい。
世界から、ひとつだけでもいいから悲しいことを減らしたい。
苦しむひとにやさしくしたい。
それが独りよがりだと云われたら、そうなのだと思う。
それでも、最後のときに、
ああ、あのひとに何故やさしくできなかったろう。
と悲嘆にくれながら意識を閉ざすようなのはいやだ。
ぼくは、もし、あの子が嘘を吐いていて、この世界のどこかで、
実は今も元気に楽しくやっているのなら、
流した涙も神様や世界の大きな何かに対して吐いた言葉も何もかも、
撤回なんてしないで、
この世界を祝福したいと、思う。
でも、世界は、そんなに、


やさしくない。
 

スポンサーサイト

  • 2017.06.16 Friday
  • 23:54
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    ランキングリンク

    にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

    天体

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM