‐カリン‐後日談

  • 2011.01.27 Thursday
  • 23:42




正月も明けて早々のうちに風邪を引いた。
朝起きると声が出ずその日の午後にはすっかり弱っていた。
きっかけは恐らく師走の内、無精して綿入れやら、火鉢やらを出さずにいたことだろう。
三日間熱が引いたりまた押し返したりの繰り返しで、久しく忘れていたあの宙に浮くような感覚を思い出した。
昨日は学生時代の同級が見舞いに来て、おかしな声で喋る私を散々と冷やかして帰っていった。
私はこの歳にして人望というものを考えた。
そんなこんなで粥を作って持ってきてくれたりと、本当に心配してくれたのは隣の奥さんくらいのものだった。
ここに越してきてからこうして事あるごとによくしてくれるので、私としては大変助かありがたく思ってはいるものの、反面少々心苦しくもあった。
すっかり熱も引き、風邪の名残は痛む咽喉としわがれた声のみとなった私は、そろそろ仕事を再開せねばと文机に向かっていた。
しかし一向に筆が進まぬ。
頬杖をつき考えこんでいると表の戸を叩く音がした。
いったい誰であろうかと私はたたきにおり、下駄をつっかけて戸を開ける。
開けてはみるが誰の姿もない。
通りに一歩ばかり出てあたりを見回してみるが、やはり誰もいない。
さては近所の子供のいたずらかと、戸を閉め居間に戻る。
なんとなく書斎に戻る気にはなれなかったので襖を開けて縁側へ出ると、出て右側奥の柱の影になにやら置いてある。
寄って見てみると、いつぞや花梨を包んで垣根の向こうへやったはずの例の古い風呂敷であった。
持ち上げると何か硬く重たいものが入っている。
風呂敷の結び目を解き広げてみると、中身の詰まった壜が一つ包まれていた。
蓋を取ると甘い蜂蜜の香りがした。」
どうやら花梨の蜂蜜漬けの様であった。
例の狐の仕業かと、私はすっかり忘れていたあの出来事を思い出した。

「あら、蜂蜜漬けですのね」

と縁側に立っていた私に庭の生垣の向こうから隣の奥さんの、和やかな声がかかった。
生垣はさすがに年を越すにあたって手入れをした。
いささか刈り込みすぎて女性の背の丈でもこちらを伺えるようになってしまったが、見られて困ることもなかろうと上出来とした。

「ええ、今気付くとここに置いてありました」

「良い色に漬かってますこと」

云われてみればそれはうす曇の空に透かすと、まるで研磨した琥珀玉のような色合いであった。

「咽喉にもよろしいでしょうね、そのがらがら声もきっと治ります」と奥さんは何か可笑しそうに云った。
はあ、と私もしゃがれ声で笑い、そろそろ足元から冷えてきたため室内に戻らせてもらうことにした。
奥さんも庭掃きに戻ったようだった。

その晩私は床にもぐりこむ前、湯にといてあの花梨漬けをありがたく賞味した。
ささくれた咽喉にひどく沁み、これはいけないと思ったが、翌朝果たして私の痛んだ咽喉はさっぱり全快していたのだった。


-終-


 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

  • 2020.08.12 Wednesday
  • 23:42
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    ランキングリンク

    にほんブログ村 その他日記ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 イラストブログへ

    天体

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM